「おはぎ」と「ぼたもち」の違い 【3000文字チャレンジ さくら】

 

春と秋、まめてんです。

 

「おはぎ」と「ぼたもち」の違い、分かります?

 

地域によって、作り方など違うみたいですが

 

春は牡丹が咲いて、秋は萩が咲くので

春のお彼岸が、ぼたもち

秋のお彼岸が、おはぎ

 

材料は同じだけど

ぼたもちは、餡ゆるめで米に餡をのせる。

おはぎは、米を餡で包む。

 

って、教わったんです。

若かりし日の、私。

 

はい、和菓子屋で働いていました。

和菓子というか、餅菓子屋。

お団子やさんです。

 

そろそろ、ぼたもちシーズンですよ。

でもね、おはぎのほうが売れてた。

 

材料は同じなんですけどね。

作りかたも、ほぼ同じ。

もち米蒸して、味つけて、すりこぎで

半殺し。

米粒が半分くらい残る程度につぶすことを

半殺し

と言います。

 

うわ、こっわー。

半殺しですよ。

半殺しって、ねぇ…

もっと違う言い方にすりゃいいのに。

怖いわー。

 

ん?ちょっとアレンジしてみたら、怖くないかも?

 

「は んごろし」

んごろし、って、何?

 

「はん ごろし」

ハン ゴロ氏。

スターウォーズのハンソロの仲間っぽい。

 

「はんご ろし」

うーん、イマイチ。

 

「はんごろ し」

これ、怖いわ。

 

ハンゴロ氏が一番かな。

でも、和風のほうがいいよなー。

 

んじゃ

ハンゴロー氏で!

半五郎って漢字だと、リアルっぽくて怖くなるのでカタカナで。

 

はい、作り方。

 

ハンゴロー氏の加減で食感が、かなり変わります。

つぶつぶ食感がお好みなら、軽めにハンゴロー氏。

もちもち食感なら、がっつりハンゴロー氏。

ただ、米をつぶしすぎると、ハンゴロー氏ではなくモッチーになるので注意。

モッチーは餅。

 

ハンゴロー氏したもち米を、分割して、丸めます。

軽すぎるハンゴロー氏だと、丸めにくい。

 

ぼたもちは、ハンゴロー氏して丸めたもち米をお皿に置いて、少しゆるめの餡をのせます。

おはぎは、ハンゴロー氏して丸めたもち米を餡で包んで

できあがり!

きな粉やゴマも美味しい。

 

あと、今の時期は、桜餅。

小麦粉で、できた薄い皮でくるっと餡が巻いてある、関東風(長命寺)

道明寺粉を使ったモチモチ生地で餡が包まれている、関西風(道明寺)

が、あります。

 

私が住んでる新潟では、関西風が多くて、働いていた店でも、関西風を作っていました。

道明寺粉でなく、もち米で。

道明寺粉は、蒸したもち米を干して挽いたもの。

家で作るときは、もち米のほうが入手しやすいからオススメ。

 

もち米をといで、蒸して、味と色つけて

半殺し

あ、ハンゴロー氏。

再び登場。

桜餅は、おはぎより強めにハンゴロー氏。

しっかりハンゴロー氏しないと、餡が包めません。

モッチーにならないよう気をつけて。

 

忘れてた。一番最初に、桜の葉の塩抜きしなきゃ。

あれ、かなりしょっぱいですからね。

ボウルに葉っぱを入れて、流水でジャージャー。

よし。

キッチンペーパーでしっかり押さえて水気をきりましょう。

餡を包んだハンゴロー氏した生地に、桜の葉っぱをくるっと巻いて

できあがり!

 

ここまで書いてアレですが、桜餅、家で作りませんよね。

ピンク色付ける食紅、普段使わないし。

桜の葉がね…

他に使わないから、余ると困る。

 

困る、と言ったら

この後なに書こうかなーって困ってます。

 

ハンゴロー氏って書きたかっただけなんです、今回。

たっぷり書いて満足。

余は満足じゃ。

 

桜って、ひらがなじゃないとダメかしら。

まだ、書いてないや。

書いとこ。

さくら。

よし。オッケー。

 

あ!桜ネタあった!

 

友達と初めて東京に行ったとき、桜が咲いていました。

1999年4月1日。

日本武道館。

 

ピエロっていうヴィジュアル系バンドがいまして、大好きだったんです。

ファンクラブ入っていました。

ピエラーです。

ジャーです。

知ってる人、いるかなぁ。

 

ピエロ、初の武道館ワンマンライブ。

武道館のことは、よく分からないけど。

ロックの殿堂ですよね、確か。

ビートルズがライブしたんでしたっけ?

 

行きは高速バスで、帰りは夜行列車、ムーンライトえちごに乗って、東京へ。

懐かしい。

 

武道館まで、ワクワクどきどきしながら

うわー、もう東京は桜咲いてるねーって話しながら歩いた。

 

ピエロの

「鬼と桜」って曲が大好きだった。

ガラケーに自分でポチポチと入力して、着メロにしてました。

イントロの

チャラララーララーラララーラ ラーラーラーラーララ

が、もうね、たまらんのですよ。

 

フリも簡単。

両手をグーにして上げて、降ろして、すぐ上げる。

それだけ。ほーら、かんたんかんたん。

 

曲によっていろんな振り付けをするのが、ピエロ。

ヴォーカルが踊るので、みんなマネする。

 

カラオケ行くと、やっぱ踊る。

カラオケ行きたいなー。

 

カラオケじゃなくても、夜のひとりドライブでもいいな。

新新バイパスを走りながら、熱唱。最高。

新新(しんしん)バイパスは、新潟市から新発田市をつなぐバイパス。

制限速度が80キロの区間もあって、高速道路並みにビュンビュン。

うーん、あんまり夜遅いと、運転怖い車がいるから、20~22時頃にしよう。

 

なに歌おうかなー。

やっぱ、バンプかな。

BUMP OF CHICKEN

 

ピエロって言ってたのにね。

あはは。

ピエロはやっぱ、フリしたくなっちゃうから。

 

 

BUMP OF CHICKENの「バトルクライ」歌って

ミスチルの「Tomorrow never knows」歌って

STRAIGHTENERの「REMINDER」歌って

サカナクションの「新宝島」歌って

ACIDMANの「ある証明」歌って

MUCCの「名も無き夢」歌って

ELLEGARDENの「風の日」歌って 

STRAIGHTENERの「Melodic storm」歌って

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「24時」歌って

BUMP OF CHICKENの「ハルジオン」歌って

サカナクションの「セントレイ」歌って

ELLEGARDENの「Missing」歌って

GLAYの「HOWEVER」歌って

hideの「FLAME」歌って

布袋「POISON」歌って

coccoの「焼け野が原」歌って

GLAYの「生きてく強さ」歌って

Base Ball Bearの「changes」歌って

米津玄師の「アンビリーバーズ」歌って

MAN WITH A MISSIONの「Memories」歌って

Dragon ashの「陽はまたのぼりくりかえす」歌って

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「マーチングバンド」歌って

STRAIGHTENERの「A SONG RUNS THROUGH WORLD」歌って

 

 

 

 

山、できたーーー!

ちょっと離れて、この画面を見てください。

パソコンなら、ctrlとマイナス押して、画面を小さくしても。

ぜひパソコンで見てください。

スマホだと、ちょっとガタガタ。

 

ほら、白い山!

黒い山でも、もちろんオッケーです。

 

うーわ、楽しい!

 

…え、つまんない?

あ、文字が揃っていたほうが、ブログっぽい、と…

はぁ。

まぁ、ビシーッと揃っていると、キレイですよね。

でもね、だから、あえて「山」

ガンガン歌って登頂ですよ!

カラオケ山。

ほら、ストックの代わりにマイク持って!

この、ラムネが入ってるちっちゃなマイクでよければどうぞ!

 

そうそう、このカラオケ山、ホントに歌いたいんです。

MUCCを知らない方が多いかも。

ヴィジュアル系バンドです。今、そんな化粧してないけど。

ドラムのSATOちが、大相撲の高安関の従兄弟らしい。

大関昇進したときに、SATOちがインタビューされてた。

 

 

さっき、おはぎ買ってきました!

粒あんとゴマ。

あー、楽しみ。

 

ブログ名を

「まめてんリズム。」に

変更しました。 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!