たびのおやつ 【3000文字チャレンジ 7】

 

くいしんぼう、まめてんです。

 

もし

青春18きっぷを使って、ひとりで

鈍行列車の旅に出るとしたら

どんなおやつをカバンにいれて

出発しようかな?

 

誰もいない静かな車内で

もぐもぐ頬張るおやつ。

 

乗り換え待ちのホームで

こっそり食べるおやつ。

 

3000文字チャレンジ、お題が「7」なので

「7」を使って、考えてみました。

 

予算が700円

小学校のころの遠足で

おやつは500円まで

ってルール、ありませんでしたか?

 

今回は700円です。

ちょっぴり多め。

 

700円っていったら、駄菓子で攻めたらけっこう買える。

どうしようかな~。

※近所のスーパーでの値段です。

 

 

 

マカダミアチョコ(明治) 298円

マカダミアナッツの柔らかな歯ごたえ。

たまらん。

 

箱についてるビニールをとってしまったら

完食まっしぐら。

 

口いっぱいに頬張っても良し。

ひとつひとつゆっくりと

かみしめるのも良し。

 

電車の

がたんごとん

というリズムに揺られながら

カリカリ食べたい。

 

 

エアリアル(ヤマザキビスケット) 塩味 98円 

コーンのスナック菓子です。

これ、サクッサクでほんとおいしい。

乗り継ぎ待ちの駅のホームで

こっそり食べよかな。

かさばるのが欠点。

 

 

プチ チーズ (ブルボン) 65円

チーズクリームがサンドされている

一口サイズのクラッカー。

 

プチは、かばんに入れやすいし

食べやすいので、お出かけのおやつにちょうどいい。

種類も豊富です。

 

チーズ好きなので、チーズをセレクト。

小腹がすいてきたときに、パクっと。

 

 

ソフト豆もち(岩塚製菓) 160円

フワフワサクサク食感で

カリカリっとした大豆が入っている

おかき?

おせんべい?

米菓です。

 

これ、食べ始めるとやめられない。

うますぎる。

 

ただ、割れやすいので注意。

 

ボックス席でたまたま向かいに座った

おばちゃん。

ガタン、と大きく電車が揺れて

開いて見ていた分厚い時刻表が落ちた。

足に当たってしまった。

 

「スミマセン」

「大丈夫よ~。ほら、ハイ。

あら、これ時刻表かね?

もしかして、電車で旅してるの?」

「はい、そうなんです」

「へーえ、どこから来たの?

あらま、昔、住んでたわー!」

 

ささいな共通点から、会話が始まった。

おばちゃんは、自分が降りる終点の一つ前の駅で降りるそうだ。

 

最初は、いろいろ質問されていたけど

いつのまにか、おばちゃんの話へ。

 

耳が遠くなってきたダンナのこと。

都会に住む子どものこと。

話を聞くことは好きだ。

楽しい。

 

今日は、趣味のフラダンスの衣装を買いに行き

久しぶりにウインドウショッピングしてきたこと。

そろそろ、降りる駅が近づいてきた。

 

楽しい会話も、もうすぐ終わり。

 

「この飴、おいしいから食べて~」

老舗の黒飴。

片手でわしっと豪快につかみとり

「ほら、手ぇだして~」

言われるままに出した右手に

ドサッ。

こぼれ落ちそうになりながら、リュックに入れた。

ああ、なにか渡したい。

楽しい時間をありがとう、という感謝の気持ちと一緒に。

 

そんなときに

ソフト豆もち。

 

さくっとした軽いおかきは

好きな人が多い(まめてん調べ)

 

きっと、喜んでくれるはず。

 

 

あと、79円。

それじゃ

もう一つプチ 65円

フランスバターのクッキー。

バターの香りがふんわり。

旅の疲れを癒してくれるような、香り。

 

宿に向かう道で、パクっと。

 

14円余った。

結構たくさん食べたから、もういいかな。

飴ちゃんも、もらったし。

まんぷくまんぷく。

 

 

7個しか持っていけない

値段を気にしなくてもいいけど

7個だけ。

うーん…どうしようかな。

 

ジャンドゥーヤ (カファレル)

イタリアの老舗チョコレートブランド、カファレル。

「ジャンドゥーヤ」がとっっっても美味しいーーー!

ナッツのペーストを練りこんだチョコが「ジャンドゥーヤ」

その「ジャンドゥーヤ」を考案したのが、カファレル社。

とっても美味しい。

美味しさをうまく伝えられない…

なんていうか、「外国の味」です。

 

あ、明治のザ・チョコレートでジャンドゥーヤ復活してた。

期間限定発売らしいですよ。

ナッツ(特にヘーゼルナッツ)好きなら、ぜひ。

 

カファレルのジャンドゥーヤを

外の景色を眺めながら

口に入れる。

 

世界の車窓から、のような

外国で旅をしているような気分に

なるかなぁ?

 

熟成チーズ鱈 (なとり)

チータラ。

チーズたら。

チータラ好きなんです。

 

今夜の宿は素泊まり。

夕食は駅近くの食堂で済ませ、宿まで歩く。

途中のコンビニでワンカップ購入。

部屋に着き、荷物をおろし

ふーっとひといき。

ワンカップの蓋をゆっくり開け、一口。

しみる。

香りの余韻があるうちに、チータラ。

うまい。

 

って、おやつじゃなくて、つまみになってしまった。

まぁ、いっか。

 

カロリーメイト (大塚製薬)

備えに。

道中、なにがあるかわかりませんから。

味は、チーズかフルーツ。

もっさもっさしてるところが

食べてる感があっていい。

 

なんてこった。

地震で停電。

お店が営業していない。

困った。

ああ、カロリーメイトがあったんだ。

良かった。

 

蒟蒻畑 (マンナンライフ)

もっちり食感が美味しい。

さっぱりしたおやつがあると、いいかな、と。

外食続きで、食物繊維が足りなくなっているかもしれない。

みかん味が酸味もあって、一番さっぱりするかな。

 

ボックス席でたまたま向かいに座った

おばちゃん。

ガタン、と大きく電車が揺れて

開いて見ていた分厚い時刻表が落ちた。

足に当たってしまった。

 

「スミマセン」

「大丈夫よ~。ほら、ハイ。

あら、これ時刻表かね?

もしかして、電車で旅してるの?」

「はい、そうなんです」

「へーえ、どこから来たの?

あらま、昔、住んでたわー!」

 

ささいな共通点から、会話が始まった。

 

…え、さっきと同じ?

ソフト豆もちと同じだって?

そんなばかな。

うん、同じですね。

でもね、こんな時にこそ

蒟蒻畑!

 

話しがはずむと、どうなるでしょうか?

そう!喉が渇きます!

 

そんなとき

テレレレッテレー!

こんにゃくばたけ~(大山のぶ代さんバージョンのドラえもん)

 

蒟蒻畑を

ちゅるっ

かみかみかみ

※喉に詰まらせないように、しっかり噛みましょう

 

おおー、さっぱり!

潤った!

これで、まだまだお話できますね!

 

個包装なのも良い。

ガサっと袋の中に片手を入れて

わしっと豪快につかみとり

っていってもそんなにつかめないけど

プレゼントできますね。

 

アジャンのプルーン (丸成)

プルーンです。

柔らかなドライプルーン。

もっちりしていて美味しい。

 

無添加なので、封を開けたら、早く食べなければいけない。

しかし、心配ご無用。

ペロッと食べれちゃいます。

 

鉄分、食物繊維がたっぷり。

このプルーン、パッケージもステキ。

白地に紺色で文字が書いてあります。

オシャレ。

モンドセレクション最高金賞受賞らしい。

へー…

モンドセレクションって、どうなんでしょ?

 

朝食後にもぐもぐしたい。

 

キシリトールガム (ロッテ)

眠気覚まし

車酔い予防

虫歯対策に。

キシリトール100%がオススメ。

噛みごたえもあっていい。

 

電車の揺れって、ほんと眠くなる。

特に冬。

暖房が付いて、ホカホカの車内。

体が温まって眠くなる。

もうすぐ、降りる駅だ。

あー、眠い。

こんなときは、ガム。

ガムを噛もう。

 

源氏パイ (三立製菓)

好きだーーーーー!

大好きだーーーーー!

説明不要のロングセラー。

 

ハート型のパイ。

サクサク食感。

少し固めでカリっとしている外側もうまい。

 

旅に持っていくなら、一口サイズの「ミニ源氏パイ」

なんと源氏パイは

モンドセレクションのゴールドメダルを5回連続受賞しているらしい。

そりゃそうでしょ!

美味しいもん!

三立製菓さん、素晴らしいお菓子をありがとう!

 

出発前、駅近くのコンビニで買おう。

電車が来るまで、時刻表を見ながら食べよう。

これから旅立つワクワクと

源氏パイの美味しさで、テンションあがる。

 

 

書いてみたら

700円のほうが、わくわくしました。

ふしぎ。

 

そうそう、これは「行き」のおやつです。

帰りは、旅先で買った

ご当地おやつをほおばります。

 

ああー、楽しそうだなぁ。

どこ行こうかなぁ。

 

のんびり旅がしたい、まめてんでした!