ボクシングと時代劇  【3000文字チャレンジ 月曜日】

こんにちは。

今回もギリギリ投稿、まめてんです。

3000文字チャレンジ。お題は「月曜日」。

創作系で考えていたのですが、うまくまとまらず。

 

3000文字チャレンジのyoutube7回目で

こぼりさんが

「なんにも持たずに手ぶらでいって出たとこ勝負。

ざっくりと冷蔵庫の残り物でなんかやりましょう。」みたいな記事が好き。

と話していたので

んじゃ、出たとこ勝負でやってみよう、と。

それでは、どうなることやら分かりませんがはじまりはじまり。

 

 

月曜日。

1月28日月曜日。

録画した「HUGっと!プリキュア」の最終話見て泣いた。

もうね、年々、涙がでてくるのが早くなってきたのですよ。まいった。

画面にでてる人が泣いてるとつられて泣いてしまう。ほんとに。

 

涙と一緒に余計な脂肪も流れ出てほしい。いやマジで切実。

旦那との体重差が少なくなってきてマズイ。

我が家で使っている体重計は、身長と年齢を登録しておくと、乗っただけで体脂肪や肥満度が出てくるのです。

しかし最近、私が肥えてきたことにより、区別がつかなくなっています。

体重計よゴメンね。

 

みかんのとき(前の記事)も体重ヤバイ、と書いたような。

まあヤバイです。

どこがヤバいかって、手持ちの服が入らなくなってきた、太りすぎは健康に良くない、体が重い。

ボクシングの階級ならウェルター級です。

 

重い順から

ヘビー級 90.719kg以上 200ポンド以上

クルーザー級

ライトヘビー級

スーパーミドル級

ミドル級

スーパーウェルター級

ウェルター級

スーパーライト級

ライト級

スーパーフェザー級

フェザー級

スーパーバンタム級

バンタム級

スーパーフライ級

フライ級

ライトフライ級

ミニマム級 47.62kg以下 105ポンド以下。

 

多いな。細かい。

面倒くさくて体重を全部書くのは諦めました。キロ単位だとめっちゃ細かいです。

フライが3種類。ライトフライって、カロリー低めの揚げ物みたい。

いやいや、揚げたらみんなカロリー高いよ。

 

なんと、2階級あげると、金メダリスト村田選手と戦えます。

筋肉VS脂肪。

絶対負けるわ。

いやもしかしたら…ってこともあるかも。

 

高柳「解説は浜田剛史さん、ジョー小泉さん。実況は私、高柳でお送りします。」

浜田「村田は調子いいですからね。まあ、勝つでしょうね。」

ジョー「まめてんが勝つには、まめに足を使いテテテンっと当てていくしかないですね。」

高柳「…ハイ!入場です!」

 

まめてん入場。入場テーマ曲は、ブンバボーン。

高柳「これは、NHKEテレのおかあさんといっしょの体操コーナーの曲だそうですよ。おっと、ちょっと踊っていますねー。パツパツのパーカーを着て入場!」

 

村田入場。パイレーツカリビアンのテーマ曲で入場。

 

カーーーン!

 

高柳「さーて始まりました!…ああーーーっ!まめてん倒れたーーーっ!」

浜田「村田のボディが入りましたねぇ。」

高柳「ああーーーっ!まめてん起きれないっ!わずか1分で試合終了ですーーーっ!」

 

 

やっぱムリだ。

筋肉には勝てないよ。

そもそも、男性と女性では戦わないし。

浜田さん、帝拳プロモーション代表だから、帝拳ジム所属の選手のときは解説しないし。

入場がブンバボーンじゃ短すぎるかも。

内藤さんみたいに、ロマンティックがとまらないにしようか。

いや、それなら光GENJIのパラダイス銀河がいいかな。

よーおこそ ここへー 遊ぼーうよ パラダイス

こりゃダメか。遊びじゃない。試合は真剣勝負。

自分の入場曲を考えるのって楽しい。

ボクシング中継見るたびに、自分の曲どうしようかなーって考えるけどまだ決まっていない。

今のところ、リングデビューの予定は無いですが。

 

 

ボクシングは旦那が好きでたまに一緒に見ているから、ちょっとわかるようになってきたました。

ボクシングのためにWOWOW契約しています。

 

あ、エキサイトマッチ月曜放送だ。

エキサイトマッチとは、プロボクシング中継番組。WOWOW開局以来続いている長寿番組です。(Wikipediaより)

先程の村田VSまめてんは、エキサイトマッチの実況でお送りしました。

ジョー小泉さん、最近全然出なくて心配。

ジョー小泉さんとは、日本のボクシング評論家。ボクシングのマッチメーカー兼トレーナー。ボクシング番組解説者。ボクシング誌記者。(またWikipediaより)

今、ブログ見たら、海外に行ったり講演したりと忙しそうな様子。

良かった。

たまにはエキサイトマッチに出てほしい。

数年前のエキサイトマッチは、番組の最後にコメンテーターが一言づつ話していて、ジョーさんは必ずダジャレを言っていた。

ジョーさんと司会の高柳さんのなんともいえないやりとりが好き。

また聞きたいな。

 

井上尚弥選手が今、バンタム級。

私、1年半でバンタム級から6階級上がりました。苦労せず。

あのマニーパッキャオもビックリ(してくれるはず)

ああ、減量して井上尚弥選手になりたい…

いや、井上尚弥にオレはなる!

 

すみません、ワンピースもボクシングもそんなに詳しくないのです。

 

 

 

エキサイトマッチと同じく月曜日の21時から放送されている

吉田類の酒場放浪記が好き。

吉田類さんとは日本の酒場ライター、画家、作家、タレント、歌手。(またまたWikipedia)番組での肩書は「酒場詩人」

類さん、肩書多いなあ。ひとつわけてほしい。

ゆる~っとした感じで、吉田類さんが居酒屋に行って、隣の席の人や遠くの席の人たちと乾杯しながら呑む番組。

お酒のこととか、かなり詳しいんだろうけど、感想も小難しいこと言わなくて、そこが良いんです。

一度、新潟の食イベントで、お話ししてたのを観に行きました。

テレビのまんま。

そりゃそうか。

 

 

そうそう、プリキュア。

プリキュア終わってもまたプリキュアが始まるのです。

詳しく書くと、「HUGっと!プリキュア」が終わって「スタートゥインクルプリキュア」が始まります。

そのことを旦那に言ったら「水戸黄門みたいだね」と。

いやいやいや、全然違う。

プリキュアは、登場人物変わるよ。

水戸黄門は、演じる役者さんが変わりますが。

プリキュアは、歌、変わるよ。

水戸黄門は、あゝ人生に涙あり、この曲一筋。

 

あ、水戸黄門は月曜放送だったな。

 

つらつら書いていたら、月曜日放送のテレビ番組がポコポコでてきた。

おもしろいなぁ。

 

水戸黄門、小さい頃は毎週見てました。

父が時代劇好きで。夕方毎日放送していた昔の水戸黄門も見ていた。

おかげで時代劇好き。

 

今は鬼平犯科帳、御家人斬九郎、三匹が斬る!が好きです。

 

おっと、三匹が斬るのほうが水戸黄門よりもプリキュアに近いかも。

三匹が斬るとは、テレビ朝日系で放送された時代劇シリーズ。

タイトルが、続・三匹が斬る!、続々・三匹が斬る!とちょっとづつ変わり、最後は痛快・三匹が斬る!に。

3人の浪人が事件に巻き込まれたり、首をつっこんだりして、仲間割れしたり、協力したりで、悪人やっつける話です。

この浪人役、最初は高橋英樹、役所広司、春風亭小朝の3人だったのですが、途中マッチ(近藤真彦)が入ってきます。マッチがいるときは、高橋英樹か役所広司がいません。マッチがどちらかの役を引き継ぐことはなく、別人を演じています。

 

ほら、登場人物が変わったよ、プリキュアに似て…

 

やっぱり似てないや。プリキュアはプリキュアだ。

 

まあいいや。

 

三匹が斬る!の役所広司がカッコイイです。

お人好しでよく騙されているキャラなのですが、たちまわりがカッコイイのです。

殺陣がカッコイイ。

ビュンビュンってスピードあってカッコイイ。

今の時代劇では、あんな感じの殺陣見ないなあ。

 

他の時代劇に比べると、明るい雰囲気です。

たまにBS朝日で放送しているので、ぜひどうぞ。

ありゃ、三匹が斬るは木曜だったか…

 

 

もうすぐ3000文字。そろそろ終わりです。

全然まとまっていませんが、これも良しです。

次回のお題は3000文字おすすめ。

がんばってオススメします。

書くぞー!(たぶん)