さよなら バイキング網元

ああーーーー、残念。

ほんと残念。

残念残念。

残念しか出てこない、まめてんです。

 

2月24日で、新潟市長潟にある「バイキング網元」が閉店する。

 

佐渡島直送の地魚を使った、刺身・お寿司がウリのバイキング。

 

魚メインの食べ放題って少ない。

少ないっていうか、ない。

貴重な魚バイキングが無くなってしまう。

 

ああー、残念。

 

子連れに優しいお店が減る。

ここは時間無制限。

子連れに優しい、時間無制限。

90分って子どもにご飯の準備して、食べるのフォローして、あれやこれやしていると、食べる時間少ない。

 

座敷にしっかりした仕切りがあって子連れは嬉しかった。

豆イスもあり、座布団もあり。

居心地よし。

仕切りがあることで、子どもが動いても、周りがあんまり気にならない。

 

料理は、刺身、寿司、焼き魚が地物(佐渡)

これがメイン。

大きな魚の解体ショーをしていたこともあった。

 

バイキングの王道、唐揚げ、天ぷら、フライドポテト、生野菜も。

あと、自家製豆腐や自家製茶碗蒸し。

カレーやコーンスープも。

 

 

ご飯がおいしい。

もちろん佐渡産。

お味噌汁が、あら汁だったり、カニ汁だったり。

家じゃ作れない、あの味。

おっきなお鍋にたっぷり入ってて、もう見るからに美味しそう。

時期になると、佐渡の柿もあった。

 

ぶりしゃぶ、たらちりも。

ぶりしゃぶは、ここで食べるまでは

「いやー、絶対、生。刺身で食べたほうが美味しいにきまってるわ」

と、拒否していた。

食べてみて

「うまーーー。アリだわ」

と。

今では、サクでぶりを買ったら、刺身にしようか、しゃぶしゃぶしようか迷う。

たらちりも、ほわっと身が柔らかく美味しかった。

 

2月初めに、閉店するのを知った。

食べおさめしなきゃ、と、閉店1週間前に行った。

駐車場に車いっぱい。

混んでる。

いつもこのくらい混んでれば良かったのにね、と、話してる近くに座ってたおばちゃん。

私たちは休日しかきてなくて、いつもそこそこ混んでたけれど、平日はそうでもなかったんだな。

入口にケースに入ったお雛様。

まあるくてかわいい。

ひな祭りの前に片付けられてしまうんだな、と、しんみりした。

入口で少し待ち、名前を呼ばれ、席へ。

奥の座敷。

広くてやっぱり落ち着く。

 

さあ、食べおさめの始まりだ。

 

まずは飲み物。

冷たい緑茶のボタンを押したのに、熱いお茶。

まあ、いいか。

お寿司は、まぐろ、サーモン、タラの昆布締め、玉子、蒸しエビ。

刺身は、タラの昆布締め、サーモン、カルパッチョ。

焼き魚は、ほうぼう、タラの塩こうじ漬け。地魚の香草焼き。

お味噌汁は、カニ汁。

たらちりもあった。

ぶりしゃぶ食べたかったな。

 

最後を堪能するため、好物の揚げ物は控えめに。

寿司食べて、カニ汁。

ほかほかご飯をよそって、お刺身をのせて、海鮮丼。

えっ、カニ汁、新しい鍋が出てきた?

食べよ食べよ。

うへへー、カニちゃん食べよう。

年末年始も食べず、めったに食べないカニ。

面倒なので食べません。

何年振りだろう。ちうちう食べた。うまい。

 

アイスでしめた、と思わせての、大ラスにカニ汁。

どんだけカニ汁。

ほんとカニ汁おいしかったなぁ。

 

まんぷくまんぷく。

 

ありがとう、バイキング網元。

ごちそうさまでした。

 

 

まだ建物キレイだから、また飲食店になるといいなぁ。