このはしわたるべからず  【3000文字チャレンジ 橋】

すきすきすきすきすきっすき~あいしてる

こんにちは、まめてんです。

 

今回の3000文字チャレンジは「橋」

橋といったら、ぽやーんと一休さんの顔が浮かんできました。

 

橋の入口に

 

この橋を渡るべからず

 

って書かれた看板があったから

ぽくぽくぽくぽく

って考えて、橋の真ん中を歩いたアレです。

 

なんでも、とんちで解決の一休さん。

とんちは鮮やかだよ一級品ですからね。

度胸は満点だよ一級品だし。

いたずらきびしく一級品で。

ケンカは、からっきしだよ三級品ですが。

 

 

そうかい、それなら私と勝負してみようよ、一休さん。

 

拳と拳、そうボクシングで。

 

 

一休VSまめてん

 

高柳「本日の解説は浜田剛史さん、ジョー小泉さん。実況は私、高柳でお送りいたします。」

 

すーーーーきーーーーー

高柳「さて選手入場です!まめてん選手、今回はDREAMS COME TRUEの『すき』おおっ、一休選手の「すき」の連打に対抗か?」

 

すきすきすきすきすきっすきー

高柳「一休選手、アニメの主題歌で入場です!さよちゃんさんが、てるてる坊主を握りしめて応援しています!」

 

高柳「身長、リーチがほぼ同じ。この試合の見どころはどこでしょう?」

浜田「一休選手がどのような作戦で試合を進めるかがキーポイントですな」

ジョー「一休選手は相手の動きを予想してカウンターを打つのが得意ですからね。まめてん選手は、予想ができないような動きで攻撃できたら勝てるかもしれません。」

 高柳「一休選手おなじみの、ぽくぽく考える姿は見れるのでしょうか!?」

 

 

カーーーン

 

高柳「さあ、始まりました!やはり、両者様子を見ていますね」

 

2ラウンド

 

高柳「両者なかなかパンチを出しません!」

浜田「うーん…」

高柳「ああっ!まめてん選手、左右に動きだしたーーー!八の字のように動きだしたぁ!」

浜田「んっ?これは?もしかして…」

ジョー「うーん、デンプシーロールですか?だいぶ荒いですね…」

浜田「これは、ちょっとデンプシーロールとは言い難いかもしれませんなぁ」

ジョー「まめてん選手は、最近ボクシング漫画『はじめの一歩』を、モチベーションを上げるために70巻まで読んだそうですからね。主人公の得意なデンプシーロールをしたかったのかもしれませんね」

浜田「うーん。ヘタすぎて一休選手も戸惑っているようですなぁ」

ジョー「デンプシーロールは動きが単調ですから、カウンター狙いやすいんですけどね。動きが、めちゃくちゃです」

高柳「体を振った反動で、左右から重いパンチを繰り出すのがデンプシーロールですから、ここから、パンチを出してくるのかーーー!」

浜田「おおっ」

高柳「あーーーっと、スリップしてダウン!」

ジョー「この場合は、ポイントにはなりませんね」

高柳「しかし!まめてん選手、ふらついているーー!立つだけで、やっとの様子ーーー!」

 

ポコッ

 

バタン

 

高柳「おおーっ!一休選手の軽めのアッパーで、まめてん選手ダウン!」

 

カンカンカンカンー!

 

高柳「まめてん選手起き上がれません!一休選手の勝利です!」

浜田「これは、自滅ですなぁ。」

ジョー「まめてん選手、三半規管が弱いので、ぐるぐる回って気持ち悪くなったのでしょう。デンプシーロールをしてローリングですね。」

高柳(微妙すぎるダジャレだな…)「はい、勝利者インタビューです!」

 

記者「今回、ほとんど攻撃をしていなかったですが、それは何故ですか?」

一休「はい。計量の会見で『最近はじめの一歩を読んでいる』と言っていたので、デンプシーロールをするかな、と予想していました。体力を消耗する技ですから、疲れたところでパンチを出そうと思っていました」

記者「では、今回の試合は、一休選手の予想通りだった、ということですね」

一休「はい」

 

 

WOWOWの長寿ボクシング中継番組、エキサイトマッチでお送りしました。

 

 

 

くーーっ!

ただの自滅です。

 

いやぁ、漫画とか見るとやりたくなりますよね?

カメハメハー!とか

飛天御剣流!とか

ダンクシュート!とか

アーンパンチ!とか

アタタタタタ!とか

できたぞっ!とか

最後のは、クッキングパパ・荒岩さんが、料理を食卓に運んだときです。

うちにも運んでほしいなー。

 

 

まぁ、仕方ないです。

精進します。

 

とんちの出番なし。

ごめんね。一休さん。

 

 

とんちとは、「とっさの場合にすばやく働く知恵、機知」のことらしい。

機知ってなによ?

機知とは、「その場に応じてとっさに働く鋭い知恵。ウィット」だそう。

漢字で書くと「頓知、頓智」

へえ、知らなかった。

とんち、で変換押したら、「豚ち」って出た。

 

豚か。

 

豚肉、大好き。

お肉だと豚が一番。

もうね、とんかつ、肉じゃが、しょうが焼き。

もやしと豚小間切れを炒めて、味噌で味付けもいいなぁ。

角煮も、うんまい。皮つきが美味しい。

カレーも豚肉。

あ、関西だと、肉じゃがとかカレーって牛肉でしたっけ?

それはそれで美味しそうだなぁ。

実は今夜の夕食がカレーです。

牛スジと豚肉入りカレー。

お肉を何種類か入れるのオススメです。

牛、鶏、豚をみんな入れてもいいし、いろんな部位を入れてもオッケー。

昨日からカレー。最高。

 

 

我が町の商店街にあるお肉屋さん、3軒中2軒が高橋さん。

おっ、「橋」がでてきた。

 

お肉屋さんのお惣菜って、なんであんなに美味しいのだろう。

この前行ったら、カキフライとか昆布巻き売ってた。

 

お肉入ってないしーーー!

(昆布巻きの中身は鮭でした)

 

ほっくほくコロッケ。

ギュギュっ肉汁ジュワー、ざく切り玉ねぎたっぷりなメンチ。

ぷりぷりレバー串。甘辛なたれが最高!

ハムがたっぷり中華サラダ。

ソース濃厚ハンバーグ。

つるるん茶わん蒸し。

 

 

あー、もうたまらん。

 

 

 

今、思い出したけど、富山県射水市で遊覧船に乗り、たくさんの橋の下をくぐりました。

 

けっこうスレスレでギリギリでドキドキ。

海から内川という川に入ってまた海に出る、というクルーズ。

内川沿いに家がみっちり立ち並び、漁船がズラーっと止まっています。

 

おおー、ここから船に乗って海に漁に行くんだなぁ。

なにとれるのかな、白エビ?ホタルイカ?

ぴちぴちのとれたてをパクっと食べたら美味しいだろうな。

ああ、でも売らなきゃだからそんなに食べないか。

いや、でもちょっとくらいは…

ってぼんやり妄想した。

内川にいろいろな橋が架かっていて楽しい。

なんだか懐かしい感じ。ゆったりした雰囲気の街並み。

とってもいい雰囲気でした。

 

調べてみたら、内川遊覧&12橋巡り、というクルーズだったみたい。

新湊大橋→新港大橋→二の丸橋→放生津橋→東橋→山王橋→神楽橋→中新橋→中の橋→新西橋→港橋→奈呉の浦大橋

橋、多いな!

新湊大橋は、富山新港に架かっている橋。でかい。

上は車道、下は歩行者通路になっている。

エレベーターがあってラクラク上に登れるそうだ。

 

内川は「日本のベニス」と呼ばれているらしい。

ほほう。

うーん、ベニスがよくわからない。

ベニスとは、イタリアのヴェネツィアのことで水の都らしい。

ヴェネチア、ベネチアと表記されることもあるそうだ。

ふむふむ。なるほど。

画像見たら、川・橋・船。

うむ。

まあ、似てるかな…

 

水といえば、同じく富山県の黒部市の生地(いくじ)。

湧水スポットが20か所。

のーんびりさんぽしながら、湧水飲み比べしました。

微妙に味が違くてビックリ。

 

富山、また行きたいなー。

今度はホタルイカシーズンに行きたい。

春だな。

滑川市のほたるいかミュージアムでは、発光ライブショーってのが見られるらしい。

へー。

富山、ます寿司たくさんあるし、路面電車もあって楽しい。

いいなー、路面電車。

 

富山、オススメですよ!

 

 

 

3000文「橋」

一休さんと試合して、富山をオススメして終わるという、ふしぎな展開になりました。

 

次回のお題は「フレグランス」

うーん、どうしよ。