お絵かきしたくなる!アパ社長カレーの袋

 

こんにちは、まめてんです。

 

ダンナが会社の人から、アパ社長カレーをもらいました。

 

アパ社長カレーのパッケージ

ババーーーン!



もう、なんか、ツッコミどころ満載のパッケージ。

大好きです。

 

ありがとう、ダンナの会社の人よ。

 

さっそく食べようと思い、箱を開封。

 

ペロン

と、中から白い袋が出てきました。

 

アパ社長カレーの内袋

何も書いていない



真っ白。

 

どうぞどうぞ、この真っ白な袋に自由に絵を描いていいのですよ、ウフフ

と、今にも聞こえてきそうなくらい真っ白。

 

小学生のころ、裏が白いプリントやテストを見つけては、ひたすら絵を描いていた。

中学生では、厚くなった教科書に落書き。

高校生になったころには、ページのすみっこにパラパラマンガを執筆。

専門学校時代は、眠くなる座学の時間に集中して迷路を描いていた。

 

 

突然ですが

クイズです。

 

空白を見つけたら、絵が描きたくなる私が

アパ社長カレーの真っ白な袋を見てどうなったでしょうか?

 

4択です。

 

1、絵を描く(牛の絵)

2、絵を描く(カレーの絵)

3、絵を描く(似顔絵)

4、絵を描く(アパホテルの絵)

 

 

 

はいっ、時間です!

 

答えは

1と3です!

 

油性ペンを用意して

かきかきかき…

 

まずは牛。

 

かきかきかき…

 

 

なんと、牛の絵を描いたのに、写真を撮り忘れました。

なので再現。

 

アパ社長カレーの内袋に牛をお絵かき

「モーウマイ」がポイント

 

教科書や音楽室の偉人たちをスケッチしたころを思い出して…

 

アパ社長カレーの内袋に社長の似顔絵

ヘタですみません。社長ファンの方、怒らないでください。

 

ヘタだわ。

とほほ。

 

 

描いたら、湯煎で温めます。

せっかく描いたのに、すぐ袋やぶいてレンチンは悲しい。

 

5分温め、ほかほかご飯にかけて、できあがり!

 

スパイシーでうまい。

 

お絵かき好きな方も、そうでない方も、ぜひどうぞ。